謹賀新年 2024 そのまんま美川より新年のご挨拶

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ

この記事にはプロモーションが含まれています

あけましておめでとうございます
皆様、ご家族や仲間とそれぞれに有意義な新年をお過ごしのこととお慶び申し上げます。

この記事では、新年のご挨拶としてアタクシ・そのまんま美川からのメッセージをお届けしています。

written by
美川憲一そっくりさん:そのまんま美川

そのまんま美川 – 美川憲一そっくりさん –

おもしろ人生を紡ぐ人。
ライフワークは美川憲一そっくりさん。派手な芸風の反面、暮らしはいたって「シンプル」。

人生を何年重ねても”特別な日”、お正月。過ごし方だったり、1年の目標を立てたり。ダラダラしたり、背筋を伸ばしたり。

もくじ

カウントダウンからの初詣とおみくじ

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
貴重な”くじらの刺身”

素敵な方々と2023年の”あれこれ”をお話しつつ、カウントダウン。

昔、掃除用品のCMに「今年の汚れ、今年のうちに」ってキャッチコピーがあったのだけど、まさにその通り!

良くない出来事や思い出なんかは”言霊”として吐露することで新年に持ち越さないようにするのがいいと思うの。

おおみそかでも、休肝日にはならず…
貴重な”くじらの刺身”をハイボールの肴に、語らいのひとときを過ごしました。

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
おみくじは”小吉”

年越しができたところで、氏神様に初詣へと。

静岡市内にある「別雷神社(わけいかづちじんじゃ)」に参拝しました。

おみくじは「小吉」でした。

「小吉」って、どのくらいの運勢なのか気になっていたら、ネットニュースに情報がありました。

小吉はどのくらいの運勢?

吉凶が7段階に分かれている一般的なおみくじには、次の2パターンの順番があるらしいです。

  1. 大吉 > 吉 > 中吉 > 小吉 > 末吉 > 凶 > 大凶
  2. 大吉 > 中吉 > 小吉 > 吉 > 末吉 > 凶 > 大凶
まんま

いずれの解釈でも「小吉」というのは”伸びしろがある”ということですわね

元旦には、御札を新調

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
自宅と店舗の御札を新調

初日の出の眩しさで心地よい目覚めから、シャワーを浴びて身支度しまして、もう一度「別雷神社(わけいかづちじんじゃ)」へと参拝です。

1年お世話になった神棚の御札を持参して、新しい御札を頒布していただきました。

2024年は伊勢神宮の大麻全国頒布150周年だそう。

富士山を眺めながら、実家で集う

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
質素ながら”持ち寄り式”

「お昼ごろには集合しよう」というゆる~い予定でしたので、徒歩にて実家までお散歩してみようと思って家を出たところで…

元旦遭遇1人目は、静岡市の人宿町エリアのまちづくりを牽引している、株式会社創造舎の山梨社長さん。愛犬のお散歩に行くところでございました。

「実家まで歩いて行ってみようと思うのよ」って言ったら、「マジで?!自転車貸すけど」って。

まんま

中学の同級生として古いお付き合いならではの優しさに甘えて、今年もお世話になりますわよ!人宿町に〜

2024年も人生って不思議なタイミングの中で動いているのでしょうね。地域の方々からも喜ばれる事業を続けている山梨社長をはじめ、同い年で社長業しているお友達を尊敬しつつ。

安倍川もちの発祥となった、一級河川「安倍川」に架かる国道1号線の「駿河大橋」を渡りながらの動画。

ここは、東海道新幹線からも「A席」に座っていると富士山がよく見えるスポットです。

昔から初夢で「一富士、二鷹、三茄子」って申しますので、そのまんま美川からの”縁起物”のおすそ分けとして〜

風も強くて、髪型もぐじゃぐじゃなのはご愛嬌です。

甥っ子、姪っ子たちはすくすく育っていて、いいとこ取りの伯父を貫きながら、老いる親に悩むところではありますが。

まぁ、質素に良い1年を重ねられたらいいかな…なんて思いながら過ごしました。

お!茶しま専科 健康通販倶楽部
¥1,296 (2024/01/03 13:23時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

被災された方々にお見舞い申し上げます

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
2022年”能登・加賀屋”正月公演

そんな元日に飛び込んできた、能登半島地震のニュース。

新年早々に心を痛めると同時に、被災された方々にお見舞いと共に、犠牲になられた方、ご親族様にはお悔やみ申し上げます。

アタクシは、能登半島にはいろいろご縁がございまして、2022年にはちょうど能登の名宿・加賀屋さんで正月公演をさせていただいていました。

この時期の北陸地方の厳しい寒さを知るゆえに、避難所などでの不便な暮らしには痛み入る思いです。余震などにもご用心ください。

昨夕の飛行機事故も立て続けに心が痛みます。

まとめ:穏やかな1年の中にも目標を

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ
皆様はどんな”目標”立てましたか?

アタクシがこの新年に願う一番は「それぞれの人生で、それぞれが主人公として”穏やかな年”」であること。

2024年の目標
  • そのまんま美川として、年間50公演(コロナ前までは100公演くらいしてたから)
  • 面白い人生の欠片をブログに30本記事にする
  • 気ままな店「レモンレモン」で新たな御縁を楽しんでくれるお客様を増やす
  • 元気が一番よ!

個人的には、このような目標を持って1年歩んでみます。

もう、この数年の時代の変化で「芸能人」と呼んでいただけるかわからないくらいの心身の劣化がございましたが、少しずつ少しずつリハビリをしながら。

ステージに立つことだったり、ブログに書くことだったり、大好きなレモンサワーを極めたり…

なにかでグランプリを獲得するとか、大きな収益を目指すみたいな、「どデカい目標」を立てることが不得手なアタクシには、このくらい、慎ましやかな歩み方がマイペースで心地よいようです。

まんま

おみくじの通り「小吉」で参ります

皆様はどんな目標を立てましたか?
それぞれに大なり小なり目標を持って、2024年のおおみそかに1年を振り返った時に「自分なりに素敵な1年だった」と思えるように歩んでいきましょう。

美川憲一そっくりさん・そのまんま美川より2024年、新春のメッセージ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE

この記事を書いた人

そのまんま美川のアバター そのまんま美川 美川憲一そっくりさん

ライフワークは美川憲一そっくりさん。芸能活動の記録と、暮らしを彩る”モノ”と”コト”を編んでいます。

コメント

コメントする

もくじ