【イベント出演情報】2024.3.11[木] 開催 @東京都品川区

20年ぶりのJリーグ観戦。がんばれエスパルス〜戻るべき場所へ〜

20年ぶりのJリーグ観戦。がんばれエスパルス〜戻るべき場所へ〜2023年J2リーグ第36節

この記事にはプロモーションが含まれています

J1昇格を目指す、清水エスパルス。サポーターも選手にも運営スタッフにも、ささやかな声援を贈りたくて。久々のスタジアム観戦しました。

かつて「サッカー王国」と呼ばれた静岡市に、この3年ほど暮らしている、そのまんま美川(プロフィール)です。

アタクシが中学生の時に発足したJリーグも、2023年には30周年。Jリーグ発足当時の「オリジナル10」と呼ばれる清水エスパルスは、今期はJ1復帰を目指すJ2リーグで戦っています。

まんま

そもそも、最初は10チームしかなかったから、J2とかJ3とかなかったのよね

発足当時から熱心に応援されているサポーターの方々にはとてもかないませんけれど、ご縁あって久しぶりにスタジアム観戦してきました。

もくじ

スタジアム観戦で感じる、サポーターの”熱量がすごい”

チームカラーのオレンジ一色

アタクシがライフワークにしているLIVEとはスケールは違えど、現地に足を運ばないとわからない”雰囲気”って素敵です。

選手へのメッセージを込めた「コレオグラフィー」も美しいし、試合展開に合わせて統率のとれた声援も迫力がありました。

コレオグラフィーとは?

パネルや画用紙を掲げて作る、人文字みたいなもの。

プロらしいフェアプレイが美しい試合でした

そんなサポーターの熱い声援を受けて、選手たちもピッチで勝利を掴もうと躍動する姿は美しかったです。

試合結果:ホームでドローは…J1昇格にちょっぴり不安

ホームでドローは…J1昇格にちょっぴり不安

アタクシ、久しぶりのスタジアム観戦の結果は、両者スコアレスドローの0-0という結果。

得点を決めた瞬間にスタジアムが湧き立つ雰囲気を味わいたかったですが、少々物足りなさを感じました。

「もう少しチャンスをモノにできていたら1点くらい入れられたんじゃないかな」というのが、にわかファンとして思うところ。

せっかくならホーム戦で勝利を決めて欲しかったけれど。

こういう「勝ち点の築き方」みたいなところをしっかり勝ち取れなかったのが、シビアなプロの勝負の世界で後々影響しないか心配になった感じがします。

目指せJ1復活!というのには変わりないサポーターの気持ちなのがすごく伝わった好ゲームという結果と評価しても良いのかもしれませんけれど。

Jリーグのスタジアム観戦初心者でも、安心して試合運営をしてくださる多くのスタッフさんたちの支えは万全でございました。

皆様も、清水エスパルスのホーム「IAIスタジアム」へお越しの際は、少々アクセスが便利ではありませんが、心地よい静岡の雰囲気を感じていただける空間なので、ホーム・アウェイ問わずに観戦してみてください。

まんま

選手の練習風景が見れたり、アトラクションがあったりするので、時間に余裕を持ってJリーグ観戦するのが良さそう

アタクシ、そのまんま美川の観戦記録してみようかな…

スクロールできます
日にち対戦相手会場得点試合結果試合
2023.12.2 [土]vs 東京ヴェルディアウェイ1-1引き分けJ1昇格プレーオフ決勝
2023.11.25 [土]vs モンテディオ山形ホーム0-0引き分けJ1昇格プレーオフ準決勝
2023.11.4 [土]vs 大宮アルディージャホーム4-0勝ちJ2リーグ第41節
2023.10.7 [土]vs ジュビロ磐田ホーム1-0勝ちJ2リーグ第38節
2023.9.24 [日]vs ヴァンフォーレ甲府ホーム0-0引き分けJ2リーグ第36節
*日付をクリックすると観戦記事をご覧いただけます

これまでの観戦成績まとめ

2023年の観戦成績勝敗
5回のスタジアム観戦2勝0負3分
観戦すれば「負け」はなかった

熱心なサポーターの方々みたいに、毎試合スタジアム観戦には伺えないけれど…

まんま

そのまんま美川(プロフィール)は清水エスパルス”勝利の妖怪”となり得るのかもしれないですわよ?!

20年ぶりのJリーグ観戦。がんばれエスパルス〜戻るべき場所へ〜2023年J2リーグ第36節

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE

この記事を書いた人

そのまんま美川のアバター そのまんま美川 美川憲一そっくりさん

ライフワークは美川憲一そっくりさん。ビカクシダとレモンサワーが趣味のゆるっとシンプリスト。地元・静岡暮らしを満喫しながら、人生のんびりやってます。

もくじ